聴力低下と脳腫瘍の関係|自分に合った治療法を見つけよう|更年期障害の対策方法

自分に合った治療法を見つけよう|更年期障害の対策方法

医者

聴力低下と脳腫瘍の関係

看護師

聴力低下の意外な原因

耳が聴こえにくくなってくる原因にはいくつか考えられ、加齢による聴力の衰えというケースを除くと何らかの病気が隠されている可能性があります。中耳炎やメニエール病など耳に関係する病気の他に原因不明の突発性難聴もありますが、聴力低下の意外な原因として脳腫瘍の可能性も否定できません。聴神経に影響を与える脳の部位に腫瘍が生じた場合、聴力の低下や耳鳴りといった症状が表れてきます。最もよく見られるのは聴神経腫瘍と呼ばれる良性脳腫瘍の一種で、聴神経を包む神経鞘のシュワン細胞に腫瘍ができることで聴力が低下するのです。聴神経腫瘍は10万人に1人の割合で発症すると言われており、良性脳腫瘍全体の約1割を占めています。脳腫瘍には大きく分けて良性と悪性の2種類があり、悪性の場合は脳に生じたがんですので放置すると命に関わることになります。聴神経腫瘍は進行速度が遅く、無症状ながら検査でたまたま発見された場合は治療をせずに経過観察とする例も少なくありません。聴神経の周辺には顔面神経や蝸牛神経・迷走神経・脳幹などが集中しており、それらの神経を圧迫することで顔面神経麻痺やめまいといった症状が発生する場合もあります。

手術と放射線治療の選択肢

聴神経腫瘍が原因で聴力の低下や耳鳴り・めまいなどの症状に悩まされている場合は治療も必要となります。治療は外科手術と放射線治療の2種類に大きく分けられ、患者さんの年齢や病状の進行具合などの条件によって決められます。最も治療効果が高く再発の可能性も低いのは、手術によって聴神経腫瘍をすべて取り除くという選択肢です。聴神経の周囲には前述の通り重要な神経が集中しているため、手術の際にはそれらの神経を傷つけないよう高い技術が要求されます。脳腫瘍の手術を数多く行ってきた優秀な外科医ほど成功確率が高く、術後に後遺症が残る危険性も低いと言えます。手術を検討する際には、脳腫瘍の手術実績を考慮して病院を選ぶといいでしょう。年齢その他の理由で手術のリスクを回避する場合は、放射線治療で症状の改善を目指すことになります。脳腫瘍の放射線治療も近年は技術が大きく進歩しており、ガンマナイフやサイバーナイフといった定位放射線治療が主流です。こうした最新鋭の医療機器を使いこなせる医師は、可能な限り顔面神経や聴力を温存するよう努めています。聴神経腫瘍の放射線治療を受ける際にも手術と同様、病院選びが最も重要になってくるのです。